コラム

司法書士について

どちらに頼めばいいの?司法書士と行政書士の違い

notary-public-diffarence

司法書士と行政書士は、どちらも主にお客さんから依頼を受けて書類を作成する専門家ですが、作成できる書類の種類が違います。司法書士の作成できる書類は種類が少ないですが、専門的なもので、手続に関する代理権も与えられている場合が多くなっています。
一方、行政書士の作成できる書類は非常に種類が多いですが、行政書士が代理人として関与できるものはあまりありません。

では、司法書士と行政書士の具体的な違いについてみていきましょう。

司法書士と行政書士の違い

司法書士の主な業務は、登記に関する手続です。司法書士は法務局への登記申請を代理でできる唯一の専門家ですから、法務局へ提出する書類の作成は司法書士に依頼することになります。そのため、会社や法人の設立登記を行政書士が行うことはできません。

また、司法書士は裁判所提出書類の作成もできます。法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所で取り扱う事件であれば、書類作成にとどまらず、当事者の代理人になることもできます。

一方、行政書士は、司法書士のように法務局や裁判所へ提出する書類を作成することはできません。行政書士の代表的な業務は許認可申請ですから、市区町村役場や警察署などの官公庁に提出する書類であれば、行政書士に依頼できます。

相続手続や会社設立はどちらに依頼するか?

司法書士に依頼するか行政書士に依頼するか多くの人が迷ってしまう手続に、相続手続や会社設立手続がありますが、相続登記手続は司法書士しかできません。遺産の中に不動産がない場合には、行政書士に遺産分割協議書の作成を依頼してもよいでしょう。

会社設立登記は司法書士のみしかできません定款の作成は行政書士も行うことができます。

行政書士のみができる業務は?

行政書士は、官公庁に対して許認可を申請する際の書類を作成したり、手続を代行したりできます。こうした役所に対する許認可申請は行政書士だけができる業務です。
また、自動車の登録手続や特殊な許可を取る手続も、行政書士しかできません。

なお、行政書士は書類作成や提出の代行はできますが、自らが当事者の代理人となれる場面がほとんどなく、当事者の代わりに相手方と交渉したり文書を提案することはできません。

依頼したい内容でそれぞれの専門家に依頼、ご相談を

司法書士と行政書士は、それぞれができることが違っています。どちらに依頼するべきかは内容によって変わってきますので、自分が行いたい手続がどんなものかを把握してから、それぞれの専門家に依頼しましょう。

例えば、登記に関することは司法書士にしかできませんから、不動産の名義変更や会社等の設立など登記手続を含んでいるなら司法書士に依頼した方が良いでしょう。